原状回復、エレベーター、スプリンクラーなどのサイト

店舗のデザイン

バリエーション豊かな店舗デザイン

現在、店舗デザインのバリエーションはとても幅広く、それぞれの業界の店のいわゆる典型的なデザインでなくても社会的に受け入れられるようになってきました。 例えば飲食店の場合、店がテーマやコンセプトを決めてユニークな店舗デザインを採用している事があります。どういう事かというと、ジャングルがテーマだった場合には店内に植物や動物の置物が多数配置されていたり、猫がテーマだった場合には猫が放し飼いされていたり、ホラーがテーマの場合には客を怖がらせる演出がある店舗デザインになっていたりという具合です。 今や店舗デザインはかなり自由になっており、訪れた人を期待通りあるいは期待以上に楽しませる工夫に満ちているのです。

店舗デザインは光と闇のコントラストのバランスで

店舗デザインを考える場合は、デザインによる形や物の配置場所なども重要な一つですが、最も重要なのが光と闇のバランスにあります。一般的に光源を使っての見せ方は光を意識してしまいいますが、闇となる影の部分も同じくらい重要な内容になります。人が物を立体的に認識できているのは、影が作り出す奥行きなどが影響を及ぼしています。 店舗デザインにおいての光源の強さは、メインとなる場所を最も明るく使い、その他の場所は抑えめの光源を使う事が大切です。この差を作り出す事によって、重要な場所を示す事が可能になります。 自然光が入る店舗デザインは、自然光によって見せる場所と、あえて自然光を防いで見せる場所を設ける事によって、その差からお互い引き立てる事が可能になります。 店舗デザインを考える場合は、様々な内容について差を上手く利用して行く事で良いデザインを演出してくれる物と言えます。

Copyright (c) 2015 原状回復、エレベーター、スプリンクラーなどのサイト all reserved.